読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘辛スパイシー

どこにでもいる20代の男が大都会”TOKYO”での生活を綴ります。

ごあいさつ

何かを始めるということは良いことだと思う。

 

今までのフローに何かしらの変化を生じさせるようなもので、過程や結果はどうであれとりあえず何かが起きるわけだから。

 

物事の事象には原因がつきものだとしたら、なぜ僕はブログを始めたのか。

 

『なんとなく今の自分に飽きてきたから』

 

-理由になっていない気もする。

 

 

 

僕は社会人2年目のサラリーマン。

 

上司にはよく怒られ、しっかりしなきゃなぁ、なんて思うも理想と現実のギャップがなかなか埋まらないことを最近よく実感している。

 

割と朝から晩まで働く体質で、淡々とした生活を送っている。

 

-たぶん、コレだ。

 

 

この『淡々とした生活』に飽きてきたんだと思う。

 

変化、予想外、驚き、エキサイティング

 

そんな言葉たちから少し遠ざかってきてしまっている気がする。

 

そういう言葉たちがついて回る事柄に足があるわけではないから、つまるところ自分が遠退いてるんだろうな。

 

それに対して周りの人達の生活はとても楽しそうに見える。

 

そう、『隣の芝、とてもブルー』な状態。

 

それはそういうものであるわけだけど、なんとなく自分の芝を青くしてみたくなった。

 

そのきっかけになれば良いかななんて始めたブログ。

 

 

と言うのが事実かそうでないかは割とどうでも良い話。

 

まったり続けていって、ある程度の方向性が決まれば良いなってくらいのブログです。